kazki//okadaの備忘録

kazki//okadaの個人的な見解やレビューなどを垂れ流します。

「moment a rhythm」凛として時雨

f:id:kazki_okada:20190420222141j:image

凛として時雨のメジャー1stシングル。1曲17分のシングル。正直これむちゃくちゃいいです。曲もよいのですが全体的にサウンドが素晴らしい。間奏のギターソロのファズの音色、むちゃくちゃ好きです。アンビエントな空気を漂わせつつ盛り上がるとこで盛り上がる。メジャーいっても全然尖ってるし今後に更に期待!となりましたが、メジャー行ってつまらなくなった、ということはないけど、このシングル以上に好きになれる音源は今のところ出ておりません。むむ。後半のインスト部分もすごくいいと思うのです。近頃(といってももう頭角を現してから10年くらい経つ?)の流行ってるバンド、みたいな印象を持たれがちかもしれませんが、これいろんな層から評価されてよいのではと本当に思います。本当にすきだなー。

moment A rhythm

moment A rhythm

 

「STARTING OVER」エレファントカシマシ

f:id:kazki_okada:20190419221207j:image

エレファントカシマシの2008年のアルバム。名曲揃いの素晴らしい音源。近頃のエレカシの、味のある、軽くはないけど重すぎない、非常にバランスのとれたアルバム。リッスントゥザミュージックや俺たちの明日などおすすめです。暗くないけどしっかり説得力のある言葉と歌。素敵です。救われます。本当にきつい人は何を聴いても入ってこないとは思いますが入ってきやすい音源です。

「BEST OF SATIE」エリック・サティ

f:id:kazki_okada:20190418204224j:image

サティのベスト盤。言葉なくとも沁みるメロディ。不穏な浮遊感。ただ美しいではなく美しい。豆腐メンタリストのわたしには沁みる。きついときに聴きたいし、きついときは聴いてほしい。サティとパウルクレー、ベートーベンとゴッホってなんか近いものを感じる。

Satie (The Best Of)

Satie (The Best Of)

  • Klára Körmendi & Nancy Symphony Orchestra
  • クラシック
  • ¥900

「haha」押切蓮介

f:id:kazki_okada:20190416211736j:image

押切蓮介さんの母上の半生を描いた作品。波瀾万丈な人生と母(押切さんの祖母)の言葉を押切節で面白おかしくも胸にグッとくるかたちで漫画にした良作。人の人生を描いた作品、やはりすごく好きです。福満しげゆきさんの作品や卯月妙子さん、吾妻ひでおさんなど人生が濃密に描かれている作品、好きです。押切さんの別の自伝的漫画、猫背を伸ばしても傑作です。hahaからは、人は皆それぞれ歴史がある、ということ、人生幸不幸味わうべきということを学べた気がします。ありがたい。

HaHa (モーニング KC)

HaHa (モーニング KC)

「絶対少女」大森靖子

f:id:kazki_okada:20190416181051j:image

大森靖子さんのメジャーいく前のアルバム。弾き語りっぽいもの、弾き語りにバンドを足したようなの、オケ作り込んだもの、ピアノ弾き語りのもの、いろいろな大森靖子が混在した一枚。青い部屋、という曲が超名曲。個人的にはこのアルバム以前の作品が好みです。かなり昔、有名になる前、同じイベントに出演してらっしゃぅたことがあり、たまたま弾き語りのライブを前情報なしで見たことがあったのですが衝撃を受けるくらい良かったです。なみだがでそうになるくらい響くものがあった。声にリアリティがあった。と感じました。もう小さい会場でやることはあまりないかもしれませんが近い距離感でみることをおすすめします。


「Oystered」Oren Ambarchi

f:id:kazki_okada:20190412070253j:image

Oren Ambarchiのアルバム。ギタリストではありますが今回はエレクトロ、アンビエントでありギターっぽい音色はない。低音がすごくいいのでぜひ低音がしっかりした再生環境で聴いていただきたい。バスドラっぽいどんどんした音やスプリングリバーブっぽいぴちゃぴちゃした音、浮遊感のあるドローン音など素敵な音に溢れています。うまく説明できないので聴いてもらうのが一番いいです!ぜひ。

「グレムリン2」ジョー・ダンテ

f:id:kazki_okada:20190410204837j:image

グレムリンの続編。メジャー映画でありながら、風刺、実験的手法など遊びが多く含まれる作品。内容重視の前作よりも自由な雰囲気。作品としてのまとまりよりやりたいことやってみた感じ。相変わらずギズモかわいい。頭いいグレムリンが渋くて素敵。