kazki//okadaの備忘録

kazki//okadaの個人的な見解やレビューなどを垂れ流します。

「脳みそあらおう」385

f:id:kazki_okada:20190821135520j:image

沖縄のオルタナティブ3ピースバンド385の音源。ベース、キーボード、ドラムの3人編成。バッキバキのスラップベースにへなへな声と喉が擦り切れそうなほどのシャウト、コミカルなコーラスのちょっとギターっぽいキーボード、自由度がありつつもしっかり土台を作ってるドラム、かなり癖のあるバンドです。ベースは歪んでいてギターに近いような音色で、ベースとリズムギターの役割をしているように思われます。ベースボーカルミヤさんのZAZEN BOYS加入で世間の注目もかなり上がるのではないでしょうか。生で見た中で一番迫力のあるベースボーカルです。ぜひとも生で見ていただきたいです。

「無むムと感じる!西田幾多郎」大澤正人

f:id:kazki_okada:20190820210947j:image

for beginnersシリーズと題された西田幾多郎の思想の概説書。大まかに西田幾多郎の思想がまとめられている。のだが!難解!西田幾多郎の思想が難解であるがゆえ解説すらよく理解できない、少なくとも私の頭脳では!ダメ学生ながらも大学大学院において西田幾多郎善の研究を三年ほど読み続けた私であるが頭脳が足りないゆえ理解が追いつかない。最初の純粋経験のあたりは流石に理解できる。何年か読んだのだから理解できて然るべきである。しかし、そこから発展、善の研究以降の論文に関する内容に入るとわかったのかわかってないのかよくわからない。ということはわかってないのである。

・場所の論理

・絶対無

・直観

・絶対矛盾的自己同一

・逆対応

これらの理解ができていない。

いろいろ読んだ上で原著にあたり改めてもう一度読みたいと思う。


※ブログの検索で商品ページでませんでした。


「ascension」ジョン・コルトレーン

f:id:kazki_okada:20190819222213j:image

フリージャズの名盤。まさにフリージャズ、という感じ。ホーン類が主な雰囲気を作っている。集中して聴くより何かしている時流すのが好きです。他のフリージャズをそんなに聴いたことないのでなんとも言えないのですが標準的なフリージャズ、という印象です。それゆえかもしれませんが、イメージ通りのフリージャズ聴きたいときにはすごくおすすめです。

Ascension: Editions I & II (Reis) (Rstr)

Ascension: Editions I & II (Reis) (Rstr)

「NUMBER SEVEN」THE PINBALLS

f:id:kazki_okada:20190818143019j:image

日本のロックバンドTHE PINBALLSのミニアルバム。ストレートな日本のロック。流れとしてはルーツにミッシェルガンエレファントなど日本のロックがありそう。ストレートでかっこいい。良くも悪くも癖は少ない。声がかっこいい。個人的にはもう少しひっかかりがあると入りやすいなと思いますがかっこいいと思います。ギターソロのファズなかなかかっこいい。メジャーいってからの音源なのでトリートメントされてるのかも。

Number Seven

Number Seven

  • THE PINBALLS
  • ロック
  • ¥1200

「ゴジラ対ビオランテ」大森一樹

f:id:kazki_okada:20190815213156j:image

1989年公開のゴジラ作品。ゴジラ作品の中でも子供向け娯楽映画としての側面が少ない作品。遺伝子組み換えの倫理問題、国際問題、災害対応問題などテーマがわかりやすい。序盤怪獣が全然出ないあたりシン・ゴジラと共通点がある。怪獣同士の戦闘はあまりなく人間同士の争い、人間模様を中心に描いている。あと、本能的にビオランテのデザインがたまらなく好き。動物、植物のハイブリッド。バラ。人間の遺伝子。触手、デカさ、たまらない素敵な怪獣。

「konoyo」Tim Hecker

f:id:kazki_okada:20190815065518j:image

ドローン、アンビエントのアーティストTim Heckerのアルバム。以前紹介したanoyoと同じレコーディングセッションから生まれた作品。と、いってもこちらが先。konoyoがリリースされた翌年anoyoがリリースされたみたいです。雅楽エレクトロニカの融合みたいな音楽と紹介しましたが実際日本の寺で雅楽団体と一緒にレコーディングしたみたいです。本作もanoyo同様、雅楽エレクトロニカがうまく融合しております。融合といってもハイブリッド感はなく本当に一つのものとして高いクオリティになっております。Tim Heckerの作品の中でもこの2作、たまらなく好きですね。特にkonoyoの方が好きかも。安直じゃない伝統楽器の導入、素晴らしいです。

 


「シン・ゴジラ」庵野秀明

f:id:kazki_okada:20190814181532j:image

エヴァンゲリオンの監督として有名な庵野秀明さん監督の実写映画。大人向けのゴジラゴジラそのものより政府の災害対応や災害に関わる人間を中心に描いている。おもしろかった。放射性物質の海洋投棄、形式主義、災害対応、いろいろ気になることが描かれていた。これから起こること可能性がある災害について考える必要があるなと改めて思いました。ゴジラ、かわいかった。進化もおもしろかった。

シン・ゴジラ DVD2枚組

シン・ゴジラ DVD2枚組