kazki//okadaの備忘録

kazki//okadaの個人的な見解やレビューなどを垂れ流します。

農業

「はじめてのハーブ」高浜真理子

様々なハーブとその栽培方法が載っているハーブについての本。非常に基本的なことが書いてある。プランター栽培やキッチン栽培など基本的には個人小規模栽培を想定して書かれている。様々な種類のハーブが載っているので入り口としてはいいと感じました。良…

「絵でわかる儲ける農業簿記会計」全国農業経営専門会計人協会

農業簿記の基本テキスト。基本的な知識を得ることができるし困った時の教科書として使える。しかし、実践がいまいち見えてこない。具体例もあるのだけどトータルでどんな感じになるのかわかりづらい。個人的にはもう一冊読んで理解を深めた上で改めて読みた…

「栽培学批判序説」藤井平司

栽培学についての本。 目先の経済、自然の複雑さを無視した自然科学、表面的な便利さ、そのようなものにとらわれて、より忙しくより貧しくなっている農家にこそ読んでもらいたい著作。 植物本来のあり方、自分の求める金に踊らされない豊かさをしっかり考え…

「緑肥を使いこなす」橋爪健

緑肥の基本について書かれた本。緑肥の基本的な知識、具体的な種類毎の使い方、播種期やすきこみ方、具体的な実践例などが書いてある。基本の部分を理解した上で、実際に使う時にリファレンス的に使うのがよい。緑肥を使いこなす―上手な選び方・使い方作者:…

「畑仕事の十二カ月」久保田豊和

暦に学ぶ野菜づくりの知恵 畑仕事の十二カ月作者:豊和, 久保田発売日: 2008/12/01メディア: 単行本 農事暦に合わせて畑の一年の流れを紹介する著作。大規模工業農業ではない形の自然に沿った農業の一年が季節の知らせとともに紹介されている。暦や花、生き物…

「野菜つくりと施肥」伊達昇

施肥の基本を教えてくれる著作。施肥についての基本的な考え方から作物ごとの具体的な施肥方法まで載っている。施肥に困ったらこれを読むとよい。 以下、メモ。 ↓↓↓ 1.育て方について 葉の良し悪し 見分け方の図が載っている。 窒素過多は軟弱徒長を引き起こ…

「無[Ⅲ]自然農法」福岡正信

自然農法家、福岡正信さんの無シリーズ3巻。この巻は福岡正信さんの自然農法について一番具体的に書かれている。 果樹園の作り方、野菜の輪作について、米麦不耕起連続栽培についてなど。作物ごとの細かい栽培法などが載っているわけではないが自然農園の始…

「これならできる! 自家採種コツのコツ」自然農法国際研究開発センター

自家採種の基本から実戦まで幅広くカバーした本。自家採種の基本的な部分や各品目の具体的な方法などがのっているのでかなり参考になる。完全な初心者には分かりづらい部分はあるかもしれないが基本的には初心者向き。自家採種に適した品種の名前なども載っ…

「農業技術検定<3級>テキスト」全国農業高等学校長協会

農業、畜産、林業などの基礎的な知識のテキスト。範囲は非常に広いので知らなかったことを知ることができた。実用性はあまりないと思うが、一般常識を知る意味では有用だと思う。改訂 日本農業技術検定(3級)テキスト―文部科学省新学習指導要領準拠メディア: …

「無[Ⅱ]無の哲学」福岡正信

自然農法家、福岡正信さんの書。福岡さんが哲学について論じたもの。ベースにある思想は無[Ⅰ]と同じものである。基本的な主張も同じものであるが、より哲学に踏み込んでいる。 この書から学ぶべきことは多い。その中でも一番感銘を受けたことは、先人の知恵…

「日本の農と食を学ぶ」農文協

日本農業検定3級対応のテキスト。農業と食に関する常識的なことが書いてある。日本農業検定を受けるつもりなら安いので買って損はない。 私は農業技術検定を受けて見ようと思っていたのに誤って購入してしまった。購入したのでとりあえずすべて読んでみた。…

「無[Ⅰ] 神の革命」福岡正信

自然農法家、福岡正信さんの思想書。農家の著作と思われるかと思うがしっかりとした思想家の著作である。 主張されていることを大きくまとめると、 ・無知の自覚(人知の否定) ・分別及び価値判断の否定 ・不可逆的文明の否定 である。 中でも分別及び価値判…

「 あなたにもできる 農業・起業のしくみ」神山安雄

以下、読んだときのメモと感想メモ。 2006年のもの。 ☆相談と情報収集 ・新規就農センターに相談 ・ふるさと回帰支援センターを見る ・まちむら交流きこうふるさとデータベースを見る ☆農業をはじめる道筋 情報収集 相談 見学体験 経営ビジョン 技術習得 資…

「川口由一 自然農」川口由一

川口由一さんの自然農の概要と作業についての本。 第一章は、川口さんの ・耕さない ・農薬、肥料を持ち込まない ・草や虫を敵にしない の自然農三原則についての説明があり、その次に川口さんが開いた農業塾についてとよくある質問に答えるという内容がくる…

「農家が教える自然農法」農文協

月刊雑誌、現代農業の自然農法に関する記事を集めてカテゴライズしたもの。自然農法のメソッドなどが体系的にまとめられているようなものではなく、実例を、無施肥、無農薬、草生、不耕起、自家採種の五つのパートに分けて紹介する。自然農法の入り口として…

「ぐうたら農法」西村和雄

草生栽培、不耕起栽培、低投与型有機栽培をバランスよく使った"ぐうたら農法"についての本。ぐうたら農法とあるが、農薬や化学肥料に頼った現代の農業より圧倒的に手間暇がかかる。これは楽をするための農法ではなく、自然と共生し安心安全な美味しい野菜を…

「ニームは地球を救う」稲葉眞澄

インド、ビルマ原産とされているミラクルツリー"ニーム"を紹介する著作。農業だけではなく、その他の分野での利用法や効能なども紹介している。 以下、箇条書きにてまとめ ・ニームという植物は250種以上の虫を防ぐといわれている ・殺虫、防虫、土壌改善、…

「農業で1000万円稼ぐ法」堀口博行

兼業農家の方の農業参入本。今まで読んだ中では一番普通のことが書いてある。なかなか攻めたタイトルだが中身は割と堅実で現実的な気がする。これまで読んだ本とは逆に、従来型の農法、農協利用型の内容。農機具や農業用車両についてなど具体的な話もあって…

「農業講座」ルドルフ・シュタイナー

ルドルフ・シュタイナーの農業に関する講義をまとめた著者。人智学をベースにしたバイオダイナミック農法について語られている。一般的にいえば、オカルトに近い内容かもしれないが、いまのパラダイムにとらわれず考えれば一読の価値、試してみる価値はある…

「フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。」きたみりゅうじ

確定申告と節税について非常にわかりやすく読みやすい形でいろいろ教えてくれる本。多くのサイトでおすすめされているだけあります!非常にわかりやすく税金や法律に対しての抵抗感が減ります。この本の1番のいいところと言えるかもしれません。具体的なメソ…

「多品目少量栽培で成功できる!!」中村敏樹

多品目少量栽培農業の指南書的書物。狭い農地で多品目少量栽培でやっていくためのアイディアが詰まった本。割と具体的な内容にも触れている。栽培に関して細かく書いてあるわけではなく、原理的なところや土地の使い方、基本的な姿勢について書いてある。販…

「成功する農業」岩佐大輝

農業の起業本。帯にある文言も大袈裟ではないと思える。かなり丁寧でわかりやすく偏りのない内容となっている。はじめは就農したいと思っている人が感じている疑問質問に答える形で進んでいく。その後、就農へのステップを根っこのところから教えてくれてい…

「農で1200万円! ――「日本一小さい農家」が明かす「脱サラ農業」はじめの一歩」西田栄喜

以前紹介した西田栄喜さんの別の本。基本的には内容は同じですがこちらの方がより具体的かもしれません。前回同様内容は書きませんが小さい農業で生きていくための考え方が詰まっています。具体的な栽培方法というよりはベースにある考え方の紹介や体験談な…

「小さい農業で稼ぐコツ」西田栄喜

家族経営で農業を生業にしている西田栄喜さんの著書。読んだ時にやりたいと思っている農業にすごく近いと感じた。また自分の理想にはなかったけどこれはいい!と思うこともたくさん書いてあった。少ない敷地、少ないリスクでやっていくためのアイディアが詰…